So-net無料ブログ作成
検索選択

テロ等準備罪って、どう? [政治なう]

「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が

後半国会の最大の山場です。

                                                                                                  ■スポンサードリンク
afr1704190028-p1.jpg
出典:sankei.com/affairs/photos/



「テロ等準備罪」を新設することが、

国際組織犯罪防止条約(TOC条約・パレルモ 条約)批准の条件。

これが現政権の「テロ等準備罪」を新設したい最大の理由なのかなぁ?


実際のところ、政治全般について結構明るい私でも

この「テロ等準備罪」はイマイチよく分かりませんし、

現在→「組織犯罪処罰法改正案」の政府案全文 で勉強中です。

よって、今は印象での評価となるので、

やや説得力に欠けるような気もするけど、

意外とこの程度か一般社会での

「テロ等準備罪」に対しての評なのかもしれませんよ。


?????と感じるところはいくつか有ります。

○反対の人が言うように監視社会になってしまうのか
   現状でも町の至る所には監視カメラがあります。

   その他、ドライブレコーダー等で人の行動の多くは、

   知らないうちに録画されています。

   犯人検挙に役立っていますが、

   始終、監視されていることには間違いないです。

  「テロ等準備罪」での監視とは「盗聴」がメインでしょうが、

   これからの社会としてはある程度の監視はやむを得ないよねぇ。


   監視カメラは犯罪の抑止には貢献していないんじゃないかなぁ

   となると、準備段階で検挙出来る「テロ等準備罪」

   有効な犯罪抑止の方法かもしれません。

   よほど恣意的に運用しない限り、

   一般人が監視されることは無いようなので。


   ただ、 「犯罪集団」とはいえ、

   盗聴やカメラを含めての行動の監視が

   法律でお墨付きを与えられるのは、

   「恣意的な運用をしやすくしている」ともいえるようねぇ


   見た目、相当悪そうな人でも今は犯罪者ではないのに、

   100%悪い人として決めつけて、

   必要以上に行動を監視するのは

   どうかと思うねぇ〜〜〜
   

○「犯罪集団」の判断が難しくねぇ

   わかりやすいテロ集団とか暴力団でなく、

   オーム真理教のような

   犯罪的集団に変遷していく場合もあるでしょう。

   そうなったら、誰がどの時点で犯罪集団として

   認定するんでしょうねぇ???

   例えば、オーム真理教のケースはどの時点になるんでしょう。


   新興宗教は「怪しい」印象を与える面は多分に有ります。

   でも、犯罪集団ではないですよ。

   そのような健全っぽい集団を犯罪集団として

   認定するための証拠集めは

   きめの細かい盗聴を含めての監視が必要です。

   もし、情報収集をしても認定出来る証拠が

   集まらなかったら、

   その監視活動は罪にならないんでしょうかねぇ?

 
○この「テロ等準備罪」で犯罪は防げるんでしょうか?

   「出来るか限りの準備」

   この文言を安倍ちゃんからはよく聞きます。

   確かにそれは間違ってはいないでしょう。

   準備をするのが政治だし、

   それを決して怠ってはいけません。

   ただ、今回の「テロ等準備罪」も含め、

   リスクの大きい判断をする時は、より慎重になるべきだし、

   国民の声、疑問にもっと耳を傾けるべきです。


   この「テロ等準備罪」があれば

   地下鉄サリン事件は防げたのでしょうか?

   前項にも関連しますが、宗教法人を監視対象にすることは

   簡単なことではないでしょう。

   やはり、そのような犯罪を起きにくくする社会を

   みんなで構築していくこと、

   その手だてを法律も含めて充実されいくことが

   より求められるんじゃねぇ・・・特に我が国では。


   国際的な犯罪者の入国、監視等を

   厳格にする必要は感じています。

   現在は相当ぬるいようなので。

   「外国人だから」という目で見たくはないですけど・・・


○「テロ対策」の旗印を立てれば許されるのか?

   テロ対策を反対する人はいないでしょう。

   ただ、味噌も糞も一緒はだめです。

   テロの防止と一般犯罪の防止は別にして考えるべきです。

   極端に言えば、法律も2本立てで、

   別々に議論するような繊細さが必要でしょう。


   また、反対意見を丁寧に説得している努力は大切です。

   この「丁寧」とか「説得」というのが

   安倍政権は苦手ですよねぇ。

   自分の意見、考えに1m/mも疑念や不安が無いことは

   政治家としては大切な資質だとも言えますが、

   裏を返せば、

   自己チュウで高慢でコミニュケーション能力に欠けるとも言えます。

   国会でのやり取りがまさにその最たるものです。

   追求する野党のレベルの低さにも

   ほとほと飽きれますけど・・・


こんな感じで疑問点はあります。

左翼チックな私としては、

すんなりとは認められません。

ただ、テロの防止に本当に効果があるのなら、

重要な法律だし、

犯罪を未然に防ぐことが出来れば

それは安全な社会とも言えなくはない・・・


健全で自由な社会は自己の責任も大きく、

思った以上に自分を律することが出来ないと、

急速に社会は不安定になっていってします。


もしかしたら、安全で自由な社会

存在しないのかもしれませんねぇ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...