So-net無料ブログ作成

月曜日はオッサンのお料理 [お料理なう]


                                                                                                  ■スポンサードリンク
20170418.jpg

20170419.jpg

20170421.jpg

20170422.jpg

晩ご飯もかつてのように

アップしていきます。

通常は前週の7日分ですけど、

今日みたいに5日分みたいに、足りない時もしばしば・・・です。


基本、晩ご飯は相変わらず、

私が作っております。

まあ、特別にレシピを公開するような

メニューが無いことも、相変わらず・・・(T_T)


料理はほぼ創作ですので、

できれば、レシピを公開して

お料理ブロクっぽくしたけど・・・

レシピの公開が目標・・・かな(#^.^#)


諸処の事情で月曜日はのんびり出来るようになったので、

料理のネタ元は「あさイチ」の料理コーナーから

パクりたいと考えています。


今日は「味のしみた煮モノの作り方」

かつて何度も書いていると思いますが、

煮モノの味をしみさせるには、

冷ますしかありません。

長時間煮ても味はしみません。

これ勘違いしている人多いかも・・・

味は冷める段階で食材にしみ込んでいきます。


それと砂糖で甘さを出す場合は

砂糖を最初に入れることが大切です。

砂糖は分子が大きく、塩気等の後からでは

食材に甘みがしみ込みにくいです。

私は砂糖を入れる場合は

砂糖だけで意外と長め(感覚ですけど)に煮ます。

その後、出したい味の調味料を入れます。

味は好みで・・・基本は酒、しょう油、みりん、出汁の量の加減です。

味見してみたらいいんですよ。

スープにするには味が濃い(塩気がからい)程度で十分です。

火にかけて、食材が食べれてる程度に柔らかくなれば、

加熱はストップ!!

火を止めて放置(冷ます)だけです。



超簡単「なんちゃって煮モノ(野菜)」の作り方

1:食材を食べごたえの最小の大きさにカット

   (小さすぎると煮モノの醍醐味無いもんね)

2:薄い塩水(飲んでも支障のない程度)に一潜り

   (水の解けやすい食材は少量の塩をまぶす)

3:竹串がスーと通る程度の柔らかさになるまでレンジでチン!!

   (食材別にするのがベスト)

4:煮汁を作り、沸騰させる。

   (普通の煮モノより、ちょっと濃いめにするのがポイント)

5:チンして柔らかくなった食材を(4)の煮汁に入れて、火を止める

   (ここで加熱も可ですが、数分でOKです)

6:冷めるまで、放置・・・出来上がり\(^o^)/


簡単でしょ!冷ましてる間に、

もう、2品はできますよねぇ

これで、晩ご飯は3品できた・・・十分でしょう。

温かい煮モノが欲しい時は、

食べる直前に加熱かレンジでチンしてね。


を入れる場合は、最初にレンジでチンは必要ありません。

沸騰した煮汁に生の肉を投入・・・です。

もし、食べる段階で肉の加熱が不十分な時は

食べる直前の加熱(レンジでチンは不可)をちょっと長めにして、

火を入れてください。

肉は加熱しすぎると、堅くなるので、

加熱時間は最小限に・・・

また、強火でガンガン加熱しないように。

弱火でじっくりと・・・

この方が肉の旨味を引き出すことが出来ます。


超簡単「なんちゃって煮モノ」
アップしたことあるけどね(。-_-。)


この方法、悲しいことに、煮魚には応用出来ません。

ただ、加熱して冷ます=味がしみるは同じです。


今週の晩ご飯の最後のPhotoに

メバルの煮モノ(煮付け)を発見出来ました?

これは4/22の釣果です。
DSC_メバル
久々に釣りに行った、食べる分だけキープ!!

また、行きたいねぇ・・・愛妻の許可が出ればですけど(T_T)


当然、このメバル達は生でも食べられる鮮度です。

そのような魚の場合の

私が行う煮魚のレシピを書きます。

良かった参考にしてください。


魚の下処理はしてくだい。

○煮汁はこれまた適当・・・ですが、

   水:酒:しょう油:みりん=2:2:1:1  くらいかなあ
   良い加減は自分で見つけてね

○煮汁に魚を入れてから、加熱(強火)開始!!

   煮汁は魚の半分が浸る程度でもOK

○沸騰してきたら、中火にして、魚の上面に煮汁をかけ続けます。

   当然、オタマでやってね。

○身が白くなって火が入ったなぁ、と感じれば火を止めます。

   加熱具合も感覚です。足りなければ何度も加熱してもOKです。
   家庭料理だからね(#^.^#)

   このメバル君達は3分程度の加熱です。

○魚をひっくり返します

   ここは身を崩さないように慎重に・・・

○後は放置・・・冷めれば出来上がり!!

鮮度の良い食材は魚も肉も加熱し過ぎは厳禁です。


スーパーで買ってきたような生食不可の魚の場合は

煮汁をちょっと多めにして、沸騰したら落とし蓋をして、

中火の弱火にします。

落とし蓋はペーパータオルで十分、事足ります。

煮汁に昆布などの出汁を追加するのも可です。


匂いのある魚(イワシ等)の煮る場合は、

ショウガのスライスを入れて煮るといいですよ。

煮魚にしか適さない鮮度の魚の時もショウガを入れます。

鮮度の悪い魚は独特の臭みがでますからね。


この際も十分加熱して冷ます=味がしみる は同じです。



「おい!!オッサン。文章、ナゲェよ(♯`∧´)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すまん○| ̄|_



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。